健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

PET検査,全身のがん検査,PET-CT検査

PET検査(陽電子放射断層撮影)

PET検査を簡単にいうと、がんの早期発見を目的とした全身のがん検査となります。

PET検査

しかし現在では一部保険が適応になり、全国の専門施設で検査が受けられるようになって来ています。

検査では、点滴にて検査薬(FDG)を身体に投与をして全身のがん細胞だけをPET装置で撮影していきます。

FDGとは、ブドウ糖に近い成分のことです。

これは、がん細胞が正常な細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込むという性質を利用しているのです。

CTやMRIなどの従来の検査法とは違いPET検査では細胞の代謝・機能を調べるので早期がんの発見に優れています。

ちなみにPET-CTという検査を行う施設がありますが、単純にPETとCT検査が1度でできる検査のことです。

PET検査では、全身のがん検査が一度にできる特性を持っているために、がん転移や再発を早期に発見できる検査として注目されています。

スポンサードリンク

欧米ではPET検査が当たり前

欧米ではPETFirst(ペットファースト)という言葉があります。

これは「がんが疑われたらまずはPET検査を」という意味です。

日本に比べてPET検査の定着していることがわかりますね。

日本でも健康保険(平成22年から)が一部認可されてからは、急速に普及されつつあります。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional