健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

視力検査,色神検査

視力検査

視力検査では、眼鏡などをつけずに裸眼で検査する方法と眼鏡や検眼レンズなどをした状態で近視、遠視、乱視などを矯正してから測定する矯正視力検査があります。

一般の健康診断や運転免許の更新などでは、これらの区別をせずアルファベットのCのような(ランドルト環)表示の向きを5メートル離れた場所から正しく答えて視力を測る検査がほとんどです。

視力検査

また大型、二種免許を取得する際は、立体感や遠近感を検査する深視力検査などもあります。

一般に両眼視力の基準値は0.8以上となっていますが、検査方法、施設によっては多少の差異はあります。

視力検査で発見される病気には、屈折異常による近視、遠視、乱視がほとんどですが、中には白内障や緑内障、VDT症候群、ぶどう膜炎などの病気が潜んでいる可能性があるので、視力低下に気付いたら早めに眼科を診察しましょう。

スポンサードリンク

色神(しきしん)検査(色覚異常,色盲,色弱)

色神は先天性の割合が高いとされていて、成人では本人の希望がない限り測定しません。

主に小学校の健康診断などで多く実施され、主に「石原式色覚検査」で色神を測定します。

これは小さなドットで描かれた見えにくい文字を読み上げる方法で、色神の基準値は「所見なし」となります。

石原式色覚検査

日本人の20人に1人は色覚に何かしらの異常があるといわれます。

また後天性の異常では、緑内障などの病気に伴って生じることもありますので注意が必要です。

医療の進歩で様々な治療法が確立されつつありますので、早期発見が視力機能の回復の早道とされます。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional