健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

腫瘍マーカ―検査とは,腫瘍マーカ―とは

腫瘍マーカーとは

最近では、腫瘍マーカーが健康診断のオプションで追加できたり、人間ドックでは標準コースでも受けられるようになりました。

そもそも腫瘍マーカーとは、体内の細胞の一部が突然変異で異常分裂を起こしてシコリのうような状態のことを指します。

腫瘍には良性と悪性があり、悪性腫瘍が「がん」と呼ばれます。

体内に腫瘍ができると、健康時ではあまり見られない物質が血液中に多く出現してきます。

この物質のことを「腫瘍マーカー」と呼びます。

腫瘍マーカー検査は、主に採血で行うことで数値がわかります。また必要に応じて、尿検査をする場合もあります。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカー検査では、がんの早期では数値が正常の場合もあるため、陽性だからといって必ずがんだとか、逆に陰性なのでがんがないという訳ではありませんので間違わないようにしましょう。

腫瘍マーカーは、がんの進行に比例して数値が上昇するので、治療後の再発や転移などの経過観察時に必要とされています。

スポンサードリンク

主な腫瘍マーカー検査

健康診断や人間ドックで測定されることが多い代表的な腫瘍マーカーはCEA、CA19-9、AFPの3つです。

CEAやCA19-9は「胃がん」「大腸がん」の消化器系に増殖して、またAFPは「肝臓がん」、PSAは「前立腺がん」の時に血液中に増殖する物質です。

腫瘍マーカーの種類

CEAは喫煙で異常値になったり、またPSAも前立腺肥大では高値になる傾向があります。

腫瘍マーカーで異常値があった場合には、CTなどの精密検査を行い総合的に診断することが必要です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional