健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

胃バリウム検査,胃透視検査,結果

胃バリウム検査(胃透視検査)

胃バリウム検査では、胃全体の形や影などから病気を見つける検査です。

検査の前日は夕食を早めに済ませて、当日は絶飲絶食となります。

検査の流れとしては、口からバリウム(造影剤)を飲み、食道 → 胃 → 十二指腸へと流れて行く様子をX線で撮影しながら観察します。

胃透視検査、胃バリウム検査

胃の全体像が観察できるので、胃下垂やスキルス胃がんなどの診断に適しているのが特徴です。

スポンサードリンク

放射線の影響

胃バリウム検査では放射線を受ける量が意外と多いことを知っときましょう。

身体には影響のないとされている放射線量なのですが、頻繁に胃の検診を受けられているような人は、できるだけ胃カメラの方が良いかもしれません。

ちなみに妊娠している人は放射線の影響から検査を受けれません。

また稀にですが飲んだバリウム(造影剤)により、便秘になる人もいます。

検査自体に苦痛はありませんが、やはり直視できるという点では胃カメラには一歩ゆずります。

最近では胃カメラ検査の方を積極的にすすめる医師が増えているのが現状です。

― 胃バリウム(胃透視)検査でわかる病気 ―

胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ポリープ・胃炎・胃がんなど

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional