健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

胃カメラ検査,胃内視鏡検査,結果

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)

胃カメラというと、辛い・・苦しい・・といった経験をされた人も少なくないでしょう。

胃カメラ検査,胃内視鏡検査

口からのカメラ挿入が難しい場合には、鼻からカメラを入れる方法もありますが人によっては、口から入れる方が苦痛が少ないという人もいます。

検査は胃の中に食物が残っていると詳細な検査ができませんので、前日の夜から絶飲食となります。

通常はカメラを飲む前に喉の麻酔と胃の動きを止める注射をします。

カメラの挿入ですが、口から胃までの間に生理的に細くなっている所(3ヵ所)を通過する時に一時的に苦しくなります。(苦痛を感じない人もいます)

なるべくリラックスした状態で受けた方が検査はスムーズです。

スポンサードリンク

医師の経験が問われる検査

胃カメラの検査は医師の腕によって感じ方が様々だといわれますので、数をこなしている医師(病院)が良いかもしれません。

最近では鼻からカメラを入れる方法もあり、苦痛が少ないのが特徴です。

また軽い麻酔(鎮静剤)を使用して、半寝状態で検査をする方法があります。

私も軽い麻酔を行う胃カメラ検査を経験しましたが本当に楽でした。

現代医療では胃がん、食道がんは早期発見さえ出来れば完治する確率は飛躍的に高いので、胃の調子が良くないときなどは早めの検査をおすすめします。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional