健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

心電図検査,ホルター心電図検査,負荷心電図検査

心電図検査

心電図検査

身体に電極を取り付けて、心臓の筋肉が収縮するときに発生する微弱な電流の変化を読み取り測定する検査です。

苦痛などは全くなく、検査時間も5分程度です。

ただし5分前後と検査時間が短いので、病気によっては異常が発見できないケースもありますので、24時間測定するホルター心電図や、運動時に行う負荷心電図を必要に応じて実施することもあります。

― 異常な場合に疑われる病気 ―

狭心症、心筋梗塞、心筋虚血、不整脈、心臓肥大、心膜炎、拡張型心筋症、心臓偏位、心臓弁膜症、電解質失調など

スポンサードリンク

ホルター心電図

病院にいないときに起こる不整脈などを感知する検査です。

通常、健康診断では行いませんが心電図検査で異常が認められた場合に必要に応じて行われます。

検査はipodみたいな記録機器を取り付け24時間の心電図を記録していきます。

記録中は安静にする必要はなく普段通りの生活すれば大丈夫です。

入院の必要もなく、苦痛などもありません。

しかし電極を絆創膏で胸に張り付けるのですが、ほとんどの人が被れます。

私も経験がありますが途中から痒くなり外した時には赤く少し被れちゃってました。

最新機器だと防水機能がありシャワーが大丈夫みたいですが、基本的にはお風呂にも入れません。

負荷心電図

負荷心電図とは、運動で心臓に一定の負荷をかけて心電図を測定する検査です。

日常生活では健康体なのに運動をしたときにだけ狭心症の症状がでる場合などを想定した検査となります。

マスター法・トレッドミル法・エルゴメーター法などがあります。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional