健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

尿の色で病気がわかる

おしっこ(尿)の色で病気がわかる!

尿の色で、健康状態がわかります。

尿は腎臓で作られ、血液中の不要な物質を排出してくれます。

尿,色,病気

朝一の尿、運動後、汗をかいた後、風邪などの発熱時などに尿が濃い黄褐色になることがありますが、これは一時的なもので病気の心配はありません。

朝一の尿は、水分が睡眠中に奪われているために尿が濃縮され濃い黄褐色のおしっこがでます。

また汗をかくなどでの水分不足、薬の服用、食物の影響などでも尿は濃い黄褐色になります。

逆に水分を多く取ったときに尿の色は透明(無色)となります。

スポンサードリンク

健康な人の尿の色

黄色~淡い黄色の透明です。

オレンジ色(真っ黄色)

ビタミン剤などの服用で、尿はオレンジ色になります。

ビタミンB2の摂取では、蛍光の黄緑色になることがありますがビタミン剤の影響なので問題はありません。

しかしビタミン剤などの服用も無く、黄緑色の尿が続くようであれば肝臓や胆嚢の病気が疑われます。

無色透明

無色は糖尿病の人に多く見られます。

糖尿病の人はひどくのどが渇くため、多量の水を飲むと尿が薄まり無色の尿が出るからです。

健康な人でもお酒などで水分を多量に摂取すると尿は無色透明になります。

濃い黄褐色

肝機能に異常があるときにあらわれます。肝臓の代謝でできる色素が尿の中に出てくることが原因です。

健康な人でも運動などをして多汗で濃い黄褐色になります。

乳白色、白く濁る

多くの場合は尿路の感染症が疑われます。

他にも膀胱炎(女性に多い)や尿道炎の疑いもあります。

また妊娠さんでも白く濁る場合があります。

赤褐色

尿が赤い時は注意が必要です。

腎臓、膀胱、尿道、前立腺などで重大な病気が潜んでいる可能性があります。

血尿があり腹部や背中に激痛があるときは尿路結石が疑われます。

血尿があって自覚症状がない場合にはがんなども考えなければなりません。

女性の場合は月経が関連している場合があります。

血尿があった場合は直ぐに治っても放置してはいけません!早急に医師にご相談してください。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional