健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

大腸カメラ検査,大腸内視鏡検査,軽い麻酔,鎮静剤

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)

仕組みは胃カメラと同じですね。

大腸カメラ検査,大腸内視鏡検査

テレビモニター上に、実際の映像を写しながら観察していきます。

ポリープなどが見つかれば、その場で組織の一部を採取(生検)したり、直接ポリープを切除して検査をします。

検査の苦痛度ですが、全く痛みを感じずに楽勝だったという人もいれば、痛くて目的の所まで到達しない人もいます。

やはり熟練した経験豊富な医師がいる病院で受けるのがベストですね。

スポンサードリンク

軽い麻酔で大腸カメラ検査が楽に受けられる

患者さんが胃カメラや大腸カメラ検査を拒否する最大の理由は「検査の苦痛」にあります。

軽い麻酔(鎮静剤)を注射することで、検査が驚くほど楽に受けられます。

静脈麻酔を注射して、ぼーっとしている半寝状態の間に検査をおこなわれるのです。

希望する患者が多いうことから、この検査方法を扱う病院が増えています。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional