健康診断の検査結果がよくわかる!各検査の詳細を解説

レントゲン(X線)検査

胸部レントゲン検査(胸部X線検査)

健康診断では毎度お馴染みのレントゲン検査

咳、胸部痛、息苦しさなどの症状があるときに必ず行なわれる検査です。

胸部レントゲンでは、主に心臓、肺、縦隔などの器官の疾患情報を簡単に得ることができます。

異常があれば、より詳細なCT検査などを実施します。

身体に放射線を照射して検査を行いますが、ごく微量なので気にする必要はありません。

― 胸部レントゲン検査でわかる病気 ―

肺結核、肺炎気胸、肺気腫、胸膜炎、肺がん、気管支拡張症、胸水、心肥大、心拡大、胸部大動脈瘤など

&show(): File not found: "s_rentogen.png" at page "レントゲン(X線)検査";

腹部レントゲン検査(腹部X線検査)

腹部レントゲン検査では、腹痛などの症状があり原因が特定できない場合に最初に行われる検査です。

こちらも極微量ですが放射線の受ける検査になりますが気にする量ではありません。

しかし妊婦さんは胎児への影響が懸念されますので、必ず検査前に医師に相談してください。

検査で異常と認められた場合は、腹部エコー(超音波)、CT検査、大腸カメラ、血液検査など実施される場合があります。

― 腹部レントゲン検査でわかる病気 ―

腸閉塞、胆石、尿路結石、過敏性大腸症候群、膵石、腸管内ガス像異常(腸閉塞)、腹腔内ガス像(消化管穿孔)、石灰化(腎結石など)、臓器の形態異常

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional